宮崎市|整骨院・整体・カイロプラクティック|まるカイロプラクティック院【骨盤矯正・腰痛・肩こり・ムチウチ・交通事故保険適用】

どこに行っても改善しない腰痛足への痺れや痛み。

 

この辛い症状にアプローチする「まるカイロ」だけの3つの施術法

  1. 骨盤矯正脊柱矯正×筋膜リリース法
  2. ガンステッドカイロプラクティック法
  3. 浮腰式椎間板減圧牽引運動療法

腰痛坐骨神経痛椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症分離すべり症スポーツ腰痛など腰の痛みやしびれでお悩みの方

当院独自の3つの施術法を組み合わせた改善プログラムで痛みしびれを改善できる可能性があります!!
お気軽にご相談ご質問ください。

「まるカイロ」には、このような症状でお悩みの方が、来院されています。

立っている時や座っている時に、腰が痛くなる。

  • 椅子から立とうとすると腰が痛い。
  • 病院で坐骨神経痛椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症と診断されたが良くならない。
  • 坐骨神経痛椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症の症状で注射に頼りたくない。
  • 病院でのレントゲン検査、MRI検査で腰の骨には異常がないと言われた。
  • 椎間板ヘルニア坐骨神経痛脊柱管狭窄症分離すべり症で手術と言われたがなるべく回避したい。
  • 足へのしびれや痛みが辛い。
  • 産前産後腰痛や骨盤が気になる。
  • 骨盤矯正したい。
  • 膝、股関節が痛い。
  • スポーツでの腰痛がある。

お気軽にお問い合わせください。

0985-72-7300(予約制)

【腰椎椎間板ヘルニアについて】

*このような症状でお悩みではありませんか?

  • 腰の痛みと、ふくらはぎや足先に痺れがある。
  • 体を前屈すると足の方に電気が走るように痺れる。
  • 座って仕事しているとお尻から太もも裏側が重だるくなる。
  • 病院の検査で椎間板ヘルニアと言われた。

腰痛

腰には5個の骨(椎骨)があり、椎骨と椎骨の間に椎間板というクッションの役割をする組織があります。この椎間板の一部が飛び出し膨隆することを、ヘルニアと言います。このヘルニアが神経を圧迫刺激することで  痛みやしびれが出現します。

一般に、椎間板ヘルニアの症状は、腰痛から始まり、その後、お尻や足に痺れや痛みが起こります。
おじぎ、椅子に座るなど前かがみの姿勢になると痛み痺れが強まるのが特徴です。

椎間板ヘルニアの原因は?

椎間板ヘルニアは椎間板の内圧が高まることで起こりやすくなります。前かがみの姿勢だとより一層内圧が高まります。
「前かがみの姿勢で仕事や作業する人」「長時間、車の運転をする人」「長時間椅子に座り仕事する人」
「ストレス」「不規則な生活」、
また加齢 仕事上の姿勢 勤続疲労 筋力低下 くしゃみ咳 スポーツでの同じ動作の繰り返し、遺伝、喫煙、などもヘルニアになる原因の1つです。

*当院での椎間板ヘルニア治療は

当院では、単純に椎間板の突出があるヘルニア部分が引っ込めば、しびれや痛みは改善されると考えています。
その方法として下記の施術法を行います。

施術方法その1

ガンステッドカイロプラクティック法

椎間板を意識したアジャストメント矯正をするため、カイロの中でも最も難しいテクニックと言われていますが
正しい方向に椎間板を矯正するのでその効果が期待できる矯正方法です。

施術方法その2

椎間板減圧牽引療法

特殊な治療器で腰から下肢を宙に浮かせ椎間板内圧を減圧しながら運動療法を行う治療法です。
椎間板ヘルニアは椎間板内圧が高まることで起こりやすくなります。その内圧の高まりを減圧するのが、このプロテック椎間板減圧牽引運動療法です。これを繰り返すことで椎間板へのストレスが減り、痛みしびれが改善されていきます。
病院で手術する必要があると診断された元ソフトバンクのプロ野球選手が、この治療器で椎間板ヘルニアを克服したことで注目された特殊な治療器です。

 

 



プロテック

当院では、この2つの施術法を組み合わせたプログラムで、椎間板ヘルニアの改善痛み、しびれを取っていきます。

 

【坐骨神経痛について】

坐骨神経は、臀部~太もも~ふくらはぎの外側に伸びる神経で、下肢の知覚や運動をつかさどっています。正式な病名でなく、この部分が痛み痺れることを「坐骨神経痛」と呼びます。坐骨神経は知覚性運動性の神経なので痛みだけでなく「しびれ、知覚障害、筋力低下」などの症状も出現します。

*坐骨神経痛の症状の現れ方

坐骨神経は第4腰椎から仙骨までの神経が下肢の方へ伸びています。症状は神経に沿って現れるため、お尻、  太ももの裏側から外側、脛の内側、脛の外側、足の甲や親指という部分に症状が現れることが多いです。

*坐骨神経痛を招く原因

坐骨神経痛は、腰部椎間板ヘルニア臀部梨状筋の過緊張スパズム脊柱管狭窄症分離すべり症などが原因により起こります。当院では誘発テストや知覚反射テスト、問診、姿勢検査で坐骨神経痛の原因を鑑別し治療していきます。

当院の坐骨神経痛の治療は?

  • 関連する筋肉トリガーポイント治療。
  • カイロプラクティックでサブラクセーション(歪み)を矯正することで神経の圧迫を取り除き正常な状態に戻していきます。
  • プロテック椎間板減圧牽引運動療法を行い、痛みを取り除いていきます。

脊柱管狭窄症について

腰椎の脊柱管が狭くなり、その中を通る神経が圧迫されることで、下半身のしびれや痛みふくらはぎの痛みが起こる腰痛です。

こんなことで困っていませんか

  • お尻や足のしびれ
  • 歩くとふくらはぎがキュッと痛くなり歩けなくなる
  • 台所仕事で立っていると足が痛くなりしゃがみ込む
  • 病院で脊柱管狭窄症と診断された
  • 体を反らすと痛みが強くなる。

脊柱管狭窄症はどうしてなるの、原因は?

多くは加齢により腰椎が変形したり、脊柱管の後ろにある黄色靭帯が厚くなることで神経を圧迫して症状が  起こります。年齢と共に発生頻度が高くなります。

脊柱管狭窄症はどんな症状?

腰痛、足のしびれ痛みです。特徴的なのが間欠性跛行です。歩いたり立ったりしているうちに脚のしびれや痛みが強くなり歩けなくなりますが、前かがみになって少し休むと楽になり、また歩けるようになることを繰り返します。進行すると尿漏れや頻尿などの排尿障害が起こることがあります。

当院での脊柱管狭窄症の治療は?

  1. ガンステッドカイロプラクティック法で骨盤背骨のサブラクセーション(ゆがみ)を矯正します。
  2. 脊柱管狭窄症は腰椎を反ると症状が出現するため、当院では腰を丸めながら腰椎を一個一個引き延ばしていきます。
  3. プロテック椎間板減圧牽引運動療法で椎間板の減圧を行いながら、症状の改善を目指します。

腰椎分離すべり症について

腰椎分離症とは、腰椎の関節突起が離れている状態を指します。先天的に分離しているものもありますが、多くは小学生から高校生にかけての成長期に行うスポーツのやりすぎにより、下部腰椎に機械的連続した負荷が繰り返し加わり、その結果、関節突起に疲労骨折が起こり発症します。


この「腰椎疲労骨折」部分を放置したまま成長していくと、「腰椎分離症」という症状に進行します。
また「腰椎分離症」の状態が長く続くと第4腰椎や第5腰椎が、おへそ側に滑ってしまう、「腰椎すべり症」という症状に移行していきます。このすべりが大きくなると、神経が圧迫刺激され、腰痛や坐骨神経痛、下肢へのしびれ、などの症状が現れます。

腰椎すべり症にはその原因によって下記の2つのタイプに分類できます。

分離すべり症タイプ

腰椎分離があるために起こるタイプです。第5腰椎が起こりやすくスポーツなどの疲労骨折で分離した部分が広がり腰椎が前方にすべってしまいます。

変性すべり症タイプ

腰椎分離がないのに起こるタイプで加齢によって起こりやすくなります。老化によって腰椎を支持している靭帯筋肉椎間板椎間関節などに緩みが生じて腰椎を支えられなくなりすべってしまうのです。    中年以降の女性に多く、起こりやすいのは第4腰椎です。

腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症はどうしてなるの?

上記で述べたように「成長期中に行うスポーツによる負担」と「加齢により腰椎に負担が掛かる」ことが原因として考えられます。

腰椎分離すべり症の症状は?

慢性的な腰痛

同じ姿勢でいると辛くなる。
腰椎が滑って段差ができることで坐骨神経の神経根を圧迫し、お尻、太もも、膝の後ろ、ふくらはぎなど  
に痛みやしびれが起こります。

腰椎分離すべり症の治療法は?

当院での治療法は、脊柱管狭窄症と同じように反る姿勢で悪化する恐れがあるため、患部の腰椎は反らずに施術していきます。患部以外の脊柱の歪み(サブラクセーション)をガンステッドカイロプラクティック法で矯正し、分離すべりのある部分は、手技で屈曲牽引していきます。
またプロテック椎間板減圧牽引運動療法で椎間板の内圧を減圧する施術も行い症状の改善を目指します。

産前産後の腰痛骨盤矯正について

産前産後、こんなことでお悩みではありませんか

  • 妊娠でお腹が大きくなり腰が反り、腰回りが痛い
  • 産後、骨盤が不安定な感じがする。
  • 赤ちゃんを抱っこすると手首や腰背部が痛む
  • 恥骨部が痛む

何で産前産後腰痛になるの?

妊娠すると、お腹が大きくなり、姿勢バランスが崩れ腰や骨盤への負担が増加するため、腰痛股関節痛恥骨痛などを発症することがあります。また出産の準備をするためリラキシンという女性ホルモンの働きが活発になります(産道を確保するため)。このホルモンは腰骨や骨盤の安定を支持している靭帯までも緩々(ゆるゆる)に緩めてしまうため骨盤が不安定になり、その結果、腰痛恥骨痛が起ってしまいます。出産後、緩んだ靭帯を元に戻してくれればいいのですがホルモンはそこまではやってくれません。     緩んだ靭帯や、広がった骨盤を元に戻すにはどうしたらよいか? 

次の方法が有効です

  • トコちゃんベルト骨盤ベルトなどで、骨盤を固定して閉める
  • カイロプラクティックで骨盤を正しい位置に戻す矯正をすること。

産前の方の腰痛も施術可能です。

カイロプラクティック専用ベッド(ゼニスカイロベッドニーチェストテーブル)でお腹の圧迫を回避することができるため、うつ伏せになって施術を受けることが出来ます。ご安心ください。また当院の受付スタッフは、子育て、孫の子守りを経験した女性スタッフです。不安が残る場合は遠慮なくおっしゃってください。

仙腸関節障害腰痛について

骨盤を構成している腸骨と仙骨の関節面が何らかの原因で歪み、知覚神経を刺激し疼痛が出現します。

仙腸関節障害腰痛の症状は?

一側性の鈍い痛みでお尻、大腿後部、そして鼠径部に痛みが出るのが特徴的です。
坐位仰向け患部下での側臥位寝返りで痛みが強く出ます。
患者さん自身が痛みの最も強い部位(仙腸関節あたり)を指一本で示させることが多いようです。
動作の開始時の痛み朝方の痛みも強く現れます。

仙腸関節障害腰痛の治療法は?

仙腸関節障害治療はカイロプラクティックによる矯正が効果的であり得意分野です。
但し痛めている仙腸関節のどの部分に問題があるのか、例えば仙骨の歪みなのか、
腸骨の歪みなのかを、しっかり分析し、矯正することが重要です。

中殿皮神経による腰痛について

中殿皮神経は第2後仙骨孔から出てきて 上後腸骨棘の下方を通り臀部に向かう神経が締め付けられて腰痛がおこる場合があります。

中殿皮神経による腰痛はどんな症状?

  • 腰や臀部、あるいは下肢に痛みしびれを訴える
  • 下肢を引きずるような歩行が特徴的
  • 前屈すると痛みが出現しやすく、その場合前屈し回旋ひねりを加えることによりさらに痛みが強くなる
  • 中殿皮神経が床に触れるため、背臥位(仰向け)で眠れない人もいる
  • 長時間の坐位での痛みを有する例もある

中殿皮神経による腰痛の施術方法は?

仙腸関節に近いところにある神経の圧迫なのでカイロプラクティック矯正が有効です。

内臓由来腰痛について

内臓や婦人科系疾患、心疾患などの問題により腰背中肩こりなどに痛みが出現すること。
内臓痛を伝える感覚神経と皮膚の痛覚を支配する感覚神経が同じ高さの脊髄後角に入り共通の脊髄視床路の神経に接続する。その結果、大脳皮質の体性感覚野が内臓痛を皮膚痛と誤認することで腰背部などに痛みがおこり腰痛、肩こりだと感じてしまいます。カイロプラクティック大学時代のケーススタディ授業で腰痛の患者さん来たら、まず初めに内臓の病気を疑えと教えられました。当院では内臓由来の腰背部痛肩痛が疑われた場合は、専門医や、かかりつけの医院で確認してもらいます。

内臓由来腰痛について
病名 関連痛の部位
心筋梗塞 左胸部、左上腕、左前腕の内側、左手の小指側
胆石 右肩肩甲骨部、こし、上腹部
消化性潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍) 上腹部、左背部
虫垂炎 上腹部、みぞおち
腎結石 鼠径部、腰
膵炎、すい臓がん 背中、腰
糖尿病 両肩の張り

お気軽にご来院・ご相談ください

住所:宮崎市小松871-1若宮マンション101号

まるカイロプラクティック院

県内唯一の国際基準のカイロプラクティック・柔道整復国家資格有

  • 潤和会記念病院から徒歩5分
  • 平和台大橋より車で3分
  • 宮崎交通バス「下小松」バス停徒歩2分

お気軽にご相談ください→℡0985-72-7300宮崎市で唯一の交通事故むちうち専門カイロプラクティック・整骨院

お知らせ

営業時間

電話で予約・問い合わせはこちら